トップページ > 採用案内 > 研修制度について
文字の大きさ

採用案内

研修制度について

教育方針

治験関連に必要な専門の知識・技術、社会人マナーの習得などから、職業倫理を養い、責任を持って業務遂行を行える人材を育てます。

導入研修

新入CRCに対して、135時間の研修を行います。

基礎研修:75時間
  • GCPおよび治験関連法規
  • 治験の流れ
  • 治験デザイン、薬効評価
  • インフォームドコンセント(アセント)
  • 症例報告書の記載上の注意
  • モニタリングと監査
  • 重篤な有害事象・副作用への対応
  • CRC業務(ロールプレイ等)
  • ビジネスマナー など
現場研修:60時間
  • 治験実施医療機関への同行
  • プロトコール説明会への参加 など

継続研修

CRCとしてのスキルアップ、JASMO認定CRC等の取得を目指したさまざまな研修を行います。

社外研修

JASMO・その他社外研修などへの参加に対する「研修参加費補助制度」があります。

社内勉強会

  • GCP関連・CRC業務の課題提起と情報配信
  • 各治験の自主的勉強会
  • 研修会の開催 など

その他

  • EDC対応のための英語力アップ支援
  • MedDRA研修
このページの上に戻る
EPS GROUP