文字の大きさ

一般の方へ

治験とは

治験とその必要性

治験とは新しい薬を世に出すために欠かすことの出来ない試験のことです。 製薬会社が開発した新しい薬を医療機関や薬局等で使用・販売してもらう為には、国(厚生労働省)の認可が必要です。

国の認可を得るにはあらかじめ健康な人や効果が期待される患者様に使用してもらい、その薬の効果や安全性(副作用の有無など)を調べなければなりません。

この「人」を対象とした試験(臨床試験)のことを治験といいます。

現在、私たちが使っている薬も、全て多くの人たちの協力のもとに誕生したものです。 治験に参加することは、新たな薬の誕生を待ち望んでいる患者様たちの為にもなります。

このページの上に戻る
EPS GROUP